前の記事へ | TOP | 次の記事へ

2006/05/08 | トップへ戻る

ツリーハウス創りワークショップin沖縄 参加者大募集!


BEACH ROCK VILLAGE ビレッジリーダーのアキです。


今日は、ビレッジで開催するワークショップの参加者募集

のお知らせです。



ツリーハウス(木の上の家) をテーマにした

ワークショップなのですが、

日本最強のツリーハウス製作チームが講師をつとめ、

そして、史上最強のツリーハウスの完成に立ち会えるという、


かなりレアな4泊5日です。

詳しくは、こちら↓


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


トムソーヤになろう!

ツリーハウス創りワークショップ

in 沖縄

2006年7月1日(土)~7月5日(水) <4泊5日>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



FH000033

ツリーハウス創りを通して、 森や樹
と触れる4泊5日。


0091 

樹とともに生きるツリーハウスを肌で感じよう。


0083 

ツリーハウスでしか味わえない圧倒的な景色を。


FH000031
 
史上最強のツリーハウスとは、一体!? 


 
0051

本格的なツリーロープクライミングの体験もできます。


 FH000015

“あなたの心の中のトムソーヤは元気かい?”



木の上の家、ツリーハウス。それは、夢と冒険の象徴。

現在、“BEACH ROCK VILLAGE”では、 日本屈指のツリーハウス・ ビルダーが率いる最強の製作チームを師匠として招き、巨大な琉球エノキの木を活かして、ツリーハウスを製作中。

2006年7月、“BEACH ROCK VILLAGE”に、 史上最強のツリーハウス(木の上の家) が誕生します。
「多くの人とツリーハウス製作の楽しさを共有しよう!」ということで、そのツリーハウス完成直前の5日間に、 参加型のワークショップを開催しちゃいます。
ぜひ、 一緒にツリーハウスの製作や森の楽しさを体験してみませんか?

以下の募集要項を読んで、興味をもたれた方は、 お早めにお申し込み、お問い合わせを。


★ワークショップ内容紹介

2006 4 23 006  
<史上最強のツリーハウスの製作に参加! >

今回のワークショップでは、史上最強のツリーハウスの最後の仕上げを行います。 デッキ部分等は完成した状態からの製作ですが、 木工作業もあり、本格的なツリーロープクライミングを味わえたり、 地上約20メートルからの景色が楽しめたりと、 ツリーハウス製作の醍醐味が肌で感じられるワークショップです。


4 5 fカメラ 041 
<滞在はキャンプ場で>

4泊5日のワークショップ期間中は、ビレッジ内のキャンプ場に滞在します。 大自然に包まれて送るキャンプ生活には、 森や樹木とのふれあいがたくさん詰まっています。また、キャンプ場での食事は、 みんなでにぎやかに作ります。 大家族気分を満喫してください!


4 5 fカメラ 033
<1日目はオリエンテーション& パーティー>

初日は、 ビーチロックビレッジの紹介や、ツリーハウスの紹介映像を。

参加者同士が打ち解けあったうえで翌日からのワークショップにのぞめるように、パーティーも開催します。


0049

<2日目、 3日目は、ワークショップ>

この2日間がワークショップのメイン。
ツリーハウスの仕上げ作業を通じて、樹や森に思いっきり触れることができます。木工の作業はもちろんのこと、 ツリーロープクライミング(ロープを使った本格的な木登り)も体験することができます。 地上20メートルから眺める亜熱帯の森、海、 空を体感してください。
1日の作業のあとは、 沖縄の島酒(泡盛)で疲れを癒そう!


FH000030

<4日目は、 沖縄を遊ぼう!>

沖縄に来たからには、 山で海でしっかり遊びたい!ということで、この1日は、沖縄を遊びます。
森へリバートレッキングにいったり、星空の下、波の音を聞きながらビーチバーベキューを行ったり、 沖縄ならではの遊びが詰まった一日です。
* ビーチロックビレッジ代表の高橋歩も飲み会に参加します。お楽しみに!



0089

<最終日は、修了式>

最後は、 ワークショップをしっかりまとめる意味でも、完成したツリーハウスの下で、修了式を行います



★講師紹介

コピー ~ CIMG3246

小林崇 こばやしたかし

静岡県伊豆稲取出身  鎌倉市稲村ヶ崎在住 48歳
スタイルとデザイン、そして、感性をコンセプトに、 旅をしながらツリーハウスを創っているツリーハウスの第一人者。東京原宿にある「ホテルを使わない旅」をテーマにしたショップ 「HIDEAWAY」のオーナー。「HIDEAWAY」は、店内をヒマラヤ杉が突きぬけ、 樹に触れながらお茶ができる街のツリーハウス。
2006年には、 沖縄をはじめ、仙台、河口湖、屋久島、 西表島でのプロジェクトが進行中!

【主なツリーハウス作品】
ラフォーレ原宿、 新潟県「大地の芸術祭」、飛騨古川、高尾山、
冒険チアーズ、TVチャンピオン


また、 今回のワークショップでは、 小林崇が代表をつとめる、
(有)ツリーハウス・クリエーション
https://www.treehouse.co.jp/
精鋭メンバーも、ワークショップの講師・スタッフとして参加する。




★募集要項

【日程】

2006年7月1日(土)~7月5日(水)
<4泊5日>

※「集合」・・・ワークショップ初日の14時に、沖縄本島に集合になります。
※「解散」・・・ワークショップ最終日の14時に、沖縄本島にて解散となります。
※ 集合場所の詳細については、参加される方にご連絡いたします。


【開催場所】

BEACH ROCK VILLAGE
沖縄県国頭郡今帰仁村謝名1331 (沖縄本島・北部)

TEL& FAX 0980-56-1126

※ ビレッジ内にツリーハウスを製作します。
※ ワークショップ期間中は、 ビレッジ内のキャンプ場に滞在していただきます。


【定員】

15名

※申し込み多数の場合、原則として先着順とさせていただきます。お早めにお申し込みください。


【料金】

48,500円

<料金には、以下のものが含まれます>

●「ツリーハウス講習料金」 ・・・ ツリーハウス体験全般のレクチャーをはじめ、さらには、樹木学から、 エンジニアリング(工学技術)、デザインにいたるまで。
●「ツリーロープクライミング体験費用」 ・・・ ギアの使い方と説明、基本的なロープワーク、 安全とリスクについてのレクチャー、もちろん、ツリーロープクライミングの実習も。
●「キャンプ場滞在費用」 ・・・ ビレッジ内のキャンプ場にて生活します。
●「食費」 ・・・ とれたての素材を使った食事、そして沖縄の島酒。
●「パーティー費用」 ・・・ 最終日の夜はビーチパーティーを行います。
●「沖縄を遊ぶ費用」 ・・・ 亜熱帯のジャングルで、リバートレッキングを体験します。
●「保険料金」

<備考>

※支払方法は、郵便口座への振込(一括)となります。手数料など振込みにともなう費用は、 参加者の自己負担となります。また、指定口座や振込み期日は、参加される方に、メールでお知らせします。

※「自宅~集合場所」間の往復の交通費は、参加者の自己負担となります。また、航空券などは、各自で、 手配してください。

※「集合場所~ビーチロックビレッジ」間の移動は、無料で送迎いたします。

※キャンセルは、原則としてできません。やむを得ずキャンセルされる場合は、
ワークショップ開催21日前までのキャンセル ・・・参加料金の50%を返金いたします。
ワークショップ開催20日前以降のキャンセル ・・ ・参加料金はお返しできません。


【参加条件】

安全面に対する自己責任の観点から、参加は成人以上の方に限らせていただきます。参加時に、 身分証(保険証) にて年齢の確認をさせていただきます。


【このワークショップの特色】

●ツリーハウスの第一人者・小林崇と一緒に、 ツリーハウスの醍醐味を味わえます。

●史上最強のツリーハウスの完成に立ち会えます。


●森や樹木と存分に触れ合うことができます。


●樹木に関する知識や設計、デザインなどを学ぶこともできます。


●進化し続けるビーチロックビレッジの魅力も肌で感じることができます。


●全国から集まった仲間との出逢いがあります。


●亜熱帯・沖縄の海、森で思いっきり遊べます。


【申し込み方法】

上記の文章をよく読んだ上で、以下の内容を明記して、メールにて、
お申し込みください。折り返し、振込先口座、集合場所などの詳細を
メールにて、連絡いたします。

メールのタイトルは、
ツリーハウス創りワークショップ申し込み」 としてください。

1.申込者氏名(フリガナ)
2.生年月日(年齢)
3.性別
4.職業(もしくは、学年)
5.住所
6.電話番号、及び携帯電話
7. メールアドレス
8.身長、体重、 足のサイズ
9. このワークショップに参加しようと思ったきっかけ
10.自己紹介 (趣味、特技、好きなこと・モノ・人など、
 詳しく書いていただけるとうれしいです)
11. これまでの大工作業などの経験(日曜大工、木工経験なども可)
12.高所に対する恐怖はありますか?
13.座右の銘!
14.現在、 治療を受けている病気や怪我、健康面で不安な点、
アレルギー等が少しでもあれば必ず書いてください。

※携帯電話のメールアドレスの場合、こちらから送信するメールを、全文受信できない場合があります。 その場合、 メール内容の郵送先住所もしくはFAX番号も記入してください。

※友人同士など、 2名以上での参加を希望される方は、1通のメールに、 全員分の内容をまとめてお申し込みください。


【応募・問い合わせ先】

ビレッジリーダー 新井章仁 aki@shimapro.com

※お申し込み、お問い合わせは、すべて上記のメールアドレス(新井章仁 宛)にお願いします。
※申し込みの際、 すべての項目が明記されていない場合は、返信できないこともあります。



★付録:よくある質問集

Q.高所恐怖症なのですが、大丈夫でしょうか?

A.高所での作業の際にはヘルメットと命綱を装備しますので、
ご安心ください。また、高所の作業だけがツリーハウス製作
ではなく、地上での作業もありますので、そういった作業を
メインに行うことも出来ます。


Q.大工経験があまりないのですが・・・

A.今回、講師をつとめる小林崇は、過去、ツリーハウスの
ワークショップを各地で多数開催してきましたが、初心者の方も
多く参加されていますし、女性一人での参加がとても多いです。
経験が少ない方や、女性の方にも充実して楽しんでいただける
プログラムを実施します。


Q.滞在先のキャンプ場はどういったものですか?

A.宿泊用のテントはインディアンスタイルのティピに数名で
宿泊します。もちろん、男女が同じテントになることはありません。
トイレ、風呂なども、簡易なものですがキャンプ場内にあります。
また、シャンプーやリンス、ボディーソープ、洗濯洗剤は、環境に
負担の少ない天然素材のものをこちらでご用意していますので、
持ってきていただく必要はありません。


Q.どんな服装を準備すればよいですか?

A.動きやすく汚れてもよい服装(作業着)を準備してください。
帽子、軍手、すべりにくい靴の持参もお願いします。
作業中、スカートやサンダルといった服装は不可です。


Q.ツリーハウスって、木に負担はかけないの?

A.樹木を利用してツリーハウスを製作する以上、完全に
ダメージを与えないとは言い切れませんが、特殊に開発された
金具を使用したりと、木へのダメージを最小限におさえる工法で
製作します。



募集の詳細は以上となります。

投稿者 BEACH-ROCK-VILLAGE : 2006/05/08 19:22:18コメント (0) トラックバック (0)

前の記事へ | TOP | 次の記事へ